ワンランク上のコツファッションテーマ全般

ネットショッピングで絶対に失敗せずに似合う洋服を買うコツ


外出がなかなかできないと、ついネットショップやフリマアプリを見てをしてしまい、ポチポチ通販で買い物しては失敗して、安かったから仕方ない、とタンスの肥やしを増やしていませんか?

ネットショッピングはとても便利ですが、失敗しやすいのは皆様も感じていらっしゃると思います。
最近は、色合いなどは割と正確に表現されているように思いますが、なぜ失敗しやすいのでしょうか。

ネットショッピングが失敗しやすい理由

生地の質感がわからない

実店舗での洋服選びでは、生地の質感も生地の薄さもわかります。
しかし、ネットでは、この質感がわかりません。

似合う洋服は、色やデザインのほかに、生地の質感が大きく左右します。
ここがわからないのは、結構痛いですね。

立体の状態がわからない

アイテムごとに写真が必ず掲載されていますが、平面なので、立体で判断することができません。
モデルさんの試着写真もありますが、そもそも自分の体型や顔立ちとは違うので、軽い参考程度にしかなりません。
平面だけの写真、マネキンだけの写真はなおさら本来の状態はわかりません。
どういうところが膨らみ、どういうところにシワが出やすいのか、それはモデルさんの写真や洋服の数値化された数字ではわからないのです。

単にその場のテンションで決めているので必要なものが選べていない

ネットショッピングは簡単な分、ちょっと見た写真で気分が盛り上がってすぐにカートに入れてしまったり、「これは便利そう!」というだけで欲しくなったりしがちです。

しかし、以前のブログにも書きましたが、「便利そうなもの」は結局使いにくいことが多いです。

「便利そう」で選ばないのが素敵な洋服選びのコツ
クライアント様データ Cさん(57歳・専門職) パーソナルカラー:ブルーベース/薄い色/濁りすぎない 体型:長方形型 印象タイプ:コンサバティブ 「便利そう」を封印すべし...

冷静に考えればなくてもいいものを、一時の盛り上がったテンションで欲しい!と思っていると、届いたときにはもうどうでもいいかも・・・というものを掴んでいる可能性があります。

失敗しないための買い方のコツ

サイズや色は複数試す

初めて買うブランドだったら、サイズは複数取り寄せましょう。
できれば、自分が予想するサイズのひとつ下とひとつ上を試してみるのが最適です。

いくら似合う色やデザインを完璧に選んでいたとしても、サイズを間違っていればそれだけで似合って見えずに台無しになります。

私のクライアント様のお洋服を拝見していると、皆様どうも大きめを選んで、それで合っていると思い込んでいるケースが多いように思います。

実は自分が思っているサイズではない方が、体のラインがキレイに見えるということがわかるかもしれません。

また、色も迷っているなら、複数試してみるべきです。
色が違うと、洋服全体の雰囲気が全く違って見えることも多いです。

多くの方が、返品を面倒に思って、返品しないようにアイテムを絞ってオーダーすると思うのですが、返品はあって当然と思って下さい。

街に出る往復の交通費と思えば、そう高くはないと思います。

余談ですが、この時点ではまだ注文したお洋服は「お借りしたもの」です。
汚さないように、インナーを着用し、フェイスカバーを使用しましょう。
フェイスカバーはネットでも買えます。
よく通販を利用する方は、持っているといいですね。

フェイスカバー 100枚入

鏡の前で客観的に判断する

試着をしてみて、
・体のどこにも変な余りがないか
・もしくはパツパツになっていないか
・着丈はスタイルよく見えているか(身長が小さい方は、着丈が長いトップスはスタイル悪く見えます)
・全体の雰囲気は自分らしく着こなせているか
を見ます。

多くの方は、主観で鏡を見ています。
全身を見ているようで、コンプレックスの部分だけに注目していたりします。
もし、うまく鏡を見て判断できていないと感じたら、全身を自撮りして、写真を見ましょう。
写真の方が、客観的に判断できます。

手持ちのものとうまくコーディネートできるか合わせてみる

ひとつだけネットショッピングの利点があるとすれば、おうちで手持ちのものと合わせて判断できることだと思います。

頭の中で、あれを合わせよう、と思っていても、実際に合わせてみるとしっくりこないということは多々あります。

実際に手持ちの洋服とコーディネートしてみることで、本当に必要なものかどうかが判断できると思います。

もししっくりこない場合は、色かデザインか生地のどれかがハマっていなかったり、手持ちと合わせにくいテイストなのかもしれません。

フリマアプリなど、返品できない場合は?

フリマアプリは、現品を実際に試着したことがあれば「買い」だと思いますが、ただなんとなく見つけて「良さそう」と思ったものは、ギャンブルだと思って下さい。

これまでの項目を見ておわかりのとおり、試着しない上に、現品さえ見たことがない状態でよいものを見つけることはまず無理です。

それで良いものだったらラッキーなんですが、リスクが高いので私はフリマアプリでは洋服は買いません。

いくら安く手に入れても着られないものは結局無駄になってしまいます。

ダメなものはすっぱり諦める

ネットショッピングで、特にそんなに高くないものだと、多少違和感があっても、安いからまぁいいや、とそのまま使ってしまう方が多いですよね。

でも、その妥協がオシャレに着こなせなくなる大きな原因です。
着ていると常にモヤモヤした気分になって、そのうち着る気になれなくてタンスの肥やしになります。

ほんのわずかでも違和感を感じたら、それは残すべきではありません。

安かったからまぁいいや、で無駄遣いしているもの、合計したらいくらになるでしょうか?

結構な金額を無駄にしてしまっている方も多いと思います。

たくさん試着して、ようやく1着見つかる

おそらく、5〜6着試着してみて、合格が出るものが1着あるかないかくらいかもしれません。

うわぁ、すごく面倒だな、と思いましたか?

似合うものを見つけるって、このくらい労力がいることです。
簡単にサッと写真を見て、サッと似合うものが選べるものではないのです。

何度も何度もこれを続けていたら、だいたいのサイズの相場観やそのブランドの癖がわかるようになるので、もう少し効率よく取り寄せられるようになるかもしれません。

これをやれる人だけが、本当に似合うものを見つけることができます。

LINE公式でファッションやメイクのお役立ち情報やイベントのご案内をしています。
ぜひお友だち追加してください。
友だち追加

全てのレッスンはPayPalを使ってクレジットカード決済ができます。

パーソナルカラー、骨格診断、印象分析、似合うファッション、ファッションコーディネート、ヘアスタイルアドバイス、メイクレッスン、時短メイク、にご興味のある方から、港区、世田谷区、渋谷、杉並区、目黒区、新宿、練馬区、中野、板橋区、中央区、江戸川区、葛飾区、調布、小平、横浜、川崎、千葉市、習志野市、市川市、さいたま市、新座市、川越、浜松、三島市、名古屋、三重、北海道、札幌、大阪、神戸、京都、奈良、新潟、金沢、仙台、福島、群馬、高崎市、愛知県、広島、愛媛、高知、岡山、福岡、長崎、鹿児島、沖縄、香港、韓国、ロサンゼルス、ワシントン、ニューヨーク、海外などよりお越しいただいております。

この記事をシェアする
MIROIR