テーマ全般メイク

苦手な色のアイシャドウの使い方

先日のネイビーのオールインワンのファッションのように、ベーシックカラーの色味で無地な場合などは、メイクを華やかめに仕上げるようにしています。

夏に大活躍オールインワン
やはり夏は一枚でサラッと着られて、それだけでサマになるアイテムに手が伸びますね。 その中でも最近ものすごくよく着ていて、しかも褒められ率が高いのがこのmanielleのオール...

私は苦手なアイシャドウでも、ポイント的に使ったりしています。

苦手な色は、全く使ってはいけないのではなくて、使い方次第なんですよね。

使う場所や範囲はかなり考える必要はありますが、ブルーベースだから、ブルーベースしか使えないとか、イエローベースだからイエローベースしか使えない、という凝り固まった常識があると、いつも同じメイクになっちゃいますしね。

この日は、オレンジ色のアイシャドウを下まぶた全体に塗っています。

ちなみに、上まぶた全体に使うと、暑苦しいしつこい顔になって、おブス度が上がります。
でも、私は奥二重で二重の幅が狭いので、締め色としてオレンジを使うことはありますし、それはそこまで悪影響になりません。

こういうレベルも、人によって違いますので、レッスンでは人それぞれにアドバイスさせて頂いています。
(とはいえ、初回レッスンではここまでの応用をやる時間がないので、リピートレッスンで話してます。)

今回のメイクに戻って、上まぶたは、薄い水色を目頭から真ん中、真ん中から目尻は薄いパープルで縦割りにしています。
締め色は使わずに、パープルのアイラインを気持ち太めに引いています。

買ってしまったものの使いこなせなくて眠っているコスメは、使う場所などを変えてみると、また使いこなせるようになるかもしれません。

「自分をブランド化する大人のファッションセンスの磨き方」の要点をギュッとまとめたメルマガやってます。

★無料メルマガ講座「大人のファッションセンスを磨く5つの法則」
このメルマガは最初は全5回(5日間)に分けて順に配信されます。登録日に関わらず最初から配信されますので、いつご登録いただいても大丈夫です。全5回が終了した後は、不定期にブログには書かない読者様限定のとっておき情報やグループレッスン募集なども配信しています。
苗字とメールアドレスだけで登録できます!

全てのレッスンはPayPalを使ってクレジットカード決済ができます。

パーソナルカラー、骨格診断、印象分析、似合うファッション、ファッションコーディネート、ヘアスタイルアドバイス、メイクレッスン、時短メイク、にご興味のある方から、港区、世田谷区、渋谷、杉並区、目黒区、新宿、練馬区、中野、板橋区、中央区、江戸川区、葛飾区、調布、小平、横浜、川崎、千葉市、習志野市、市川市、さいたま市、新座市、川越、浜松、三島市、名古屋、三重、北海道、札幌、大阪、神戸、京都、奈良、新潟、金沢、仙台、福島、群馬、高崎市、愛知県、広島、愛媛、高知、岡山、福岡、長崎、鹿児島、沖縄、香港、韓国、ロサンゼルス、ワシントン、ニューヨーク、海外などよりお越しいただいております。

この記事をシェアする
MIROIR