ワンランク上のコツファッションテーマ全般変身事例

あったら着る、は「あるから着る」だけ。過去ではなく未来に目を向けよう。

Sさん(40歳・育休中)のクローゼット診断を行いました!
前回から、ご結婚もされ、赤ちゃんも生まれ、人生激変!

Sさん、お似合いのものもバッチリご存知で、すっかりキレイに整理されていると思いきや・・・

なんと、クローゼット診断史上最高枚数だったかもしれません。
たぶん、全部で500着以上は確実にあったと思います。
それなのに、ものすごーーーくキレイに整理されているのです。逆にすごい才能(≧∇≦)

私も、だんだんクローゼット整理のスキルが上がり、この枚数でも驚くほどのスピードで終えることができました(笑)


よくある収納ケース、この写真に写っている6つだけでなく、別の方向にも4つ程ありました。


収納ケースに入らないものはこのようなケースにキレイに収められています。


ハンガーにかかっているものもたくさん!

Sさん、とっても物を大切にされる方です。
30代前半くらいに買われたものもたくさんありました。
こうやって物持ちがよい方だと、かえってご自身では整理できないパターンが多いです。
こういうときこそ、客観的に見られる人の力が必要だと思います

私はまず、「これは着ていますか?」とお聞きするのですが、
なんと、こんな大量なお洋服でも、2/3は「今も着ている」とおっしゃっていました。

「ありすぎて毎朝迷いませんか?」と伺ったところ、毎日色んな所を開けてあれこれ悩むとおっしゃていました。

人って選択肢がありすぎると迷います。より人生が複雑になります。

実際に一枚一枚確認しながら、「これからも着たいですか?」と聞いてみると「あったら着る!」というお答え。

はい、これが整理できない理由ですね。

「あったら着る」は、「あるから着る」んです。

「目指したい姿の自分は、このお洋服を着ていて素敵?」
「理想の自分になったときにもこれは着たいですか?」と質問を変えると、
「もう子供っぽい」「かわいすぎる」「そんなに着たいものではないかも」というお答えのものがとても多かったです。

つまり、必要じゃないものなのに、手元にあるからもったいなくて着てしまうのです。

そして、心から着たいものがないから、またお買い物で増えてしまう・・・というパターンで
どんどんお洋服が増えていきます。

女性は、人生のステージごとに着るお洋服も変わってきます。
その時々で体と心にちゃんとフィットするものを着ていないと、自分への満足感が得られないのです。

もう役割の終わったお洋服は、ちゃんと卒業させていきましょう。

過去も大切にしてもいいけど、目を向けるべきは未来の自分です。

卒業するモノの山は、最終的に300着くらいはあったかもしれません。

残ったお洋服をクローゼットに入れると、大きなスペースがガラッと空きます。
この場所は、今まで「場所がない」と諦めていた、本当に欲しいもの、本当にやりたいことが入ってくるようになると思います。

Sさんのこれからの人生、どんな新しいことが待っているでしょうか?
とっても楽しみですね(^o^)

LINE公式でファッションやメイクのお役立ち情報やイベントのご案内をしています。
ぜひお友だち追加してください。
友だち追加

全てのレッスンはPayPalを使ってクレジットカード決済ができます。

パーソナルカラー、骨格診断、印象分析、似合うファッション、ファッションコーディネート、ヘアスタイルアドバイス、メイクレッスン、時短メイク、にご興味のある方から、港区、世田谷区、渋谷、杉並区、目黒区、新宿、練馬区、中野、板橋区、中央区、江戸川区、葛飾区、調布、小平、横浜、川崎、千葉市、習志野市、市川市、さいたま市、新座市、川越、浜松、三島市、名古屋、三重、北海道、札幌、大阪、神戸、京都、奈良、新潟、金沢、仙台、福島、群馬、高崎市、愛知県、広島、愛媛、高知、岡山、福岡、長崎、鹿児島、沖縄、香港、韓国、ロサンゼルス、ワシントン、ニューヨーク、海外などよりお越しいただいております。

この記事をシェアする
MIROIR