ファッションテーマ全般メイクパーソナルカラー変身事例

ダークな色で大人のシックな魅力が輝くタイプ

Mさん(40代)は、かっこいい系のゆるめカジュアルをいつも選んでいたそうです。

しかし、キツく見られがちなのがお悩みとのこと。

Mさんの印象タイプは、女性らしくきちんとしたファッションが得意なコンサバティブタイプでした。
男性っぽい雰囲気に寄せると、女性らしい柔らかさが消えてしまい、キツく見える原因になっていたと思います。

また、お似合いのベストカラーは、濁っていて濃いダークカラー。
ベースとしてはブルーベースの方に寄りますが、青み・黄みにはあまり左右されにくいタイプで、ダーク系であれば、ブルーベースもイエローベースもどちらもいけます。

濁ったダークカラーは、顔色が落ちて苦手な方も多いのですが、似合う方が身につけると、このMさんのように、上品でシックな大人の魅力がぐぐっと引き立ちます。

ビフォーは、「苦手だと確認するために着てきた」一番苦手なイエローベースの薄く濁った色。
ちょっとお疲れな感じに見えてしまう傾向があります。
アフターは、墨黒です。
黒はややビビッド過ぎるのですが、黒に近い濁った色がとてもエレガント!

メイクのコツとしては、眉が少し下がり気味だったので、眉山をしっかり上げて描くことくらいです。

キツく見える方は、アイラインも躊躇される方が多いのですが、アイライナーをしっかり引いても、全然キツく見えませんよね。
どちらかというと全体の雰囲気でイメージが引っ張られやすいので、身に付ける色を変えるだけでも、メイクの印象も変わると思います。
下瞼にもきちんとアイシャドウを付けると華やかです。

ダークカラーがお似合いの方は、リップも濃い色を付けた方が良いです。

ビフォーでも比較的色がきちんと出るリップを付けていらっしゃるのですが、明るめの色なのであまり付いている感じがせず物足りなさがあります。

思い切ってお似合いの深いベリー色にすると、このとおり!
お似合いすぎて悶絶しそうでした。

ちなみに、ダークな色が得意だからといって、アイシャドウもチークもリップも全部ダークにはしないことです。
そんなメイクはビジュアル系になってしまいます。

パーソナルカラーどおりにメイクアイテムを選ぶのではなく、肌色に乗せてどうか(肌にくすみが出ている人は濁りが得意であっても、暗く沈んでしまうこともあります。)や全体のメイクバランスを優先して下さい。

次の日に、
「今日、会社の友達に、いつもとお化粧の感じが違う‼️優しい感じで、色っぽい!と、褒められました(≧∇≦)」とメッセージを下さいました。

なんとも言えない色気と優しさ、お友達にも感じていただけてとてもうれしいです!

吸い込まれそうなしっとりとした大人の魅力、どんどん楽しまれてくださいませ!

LINE公式でファッションやメイクのお役立ち情報やイベントのご案内をしています。
ぜひお友だち追加してください。
友だち追加

全てのレッスンはPayPalを使ってクレジットカード決済ができます。

パーソナルカラー、骨格診断、印象分析、似合うファッション、ファッションコーディネート、ヘアスタイルアドバイス、メイクレッスン、時短メイク、にご興味のある方から、港区、世田谷区、渋谷、杉並区、目黒区、新宿、練馬区、中野、板橋区、中央区、江戸川区、葛飾区、調布、小平、横浜、川崎、千葉市、習志野市、市川市、さいたま市、新座市、川越、浜松、三島市、名古屋、三重、北海道、札幌、大阪、神戸、京都、奈良、新潟、金沢、仙台、福島、群馬、高崎市、愛知県、広島、愛媛、高知、岡山、福岡、長崎、鹿児島、沖縄、香港、韓国、ロサンゼルス、ワシントン、ニューヨーク、海外などよりお越しいただいております。

この記事をシェアする
MIROIR