コーディネート骨格診断ワンランク上のコツファッション印象分析テーマ全般パーソナルカラー

ファッションの「正解」ってなんだろう?

似合うファッションを着ることが正解という価値観になっていませんか

クライアント様から受ける質問で多いのが、「これは着てもいいですか?」「こういうのは着ちゃいけないんですよね?」という、ファッションに許可を求める質問です。

おそらく、得意なファッションで装わなければ正解でない!というマインドになってしまっていらっしゃるのだと思います。

これはファッションの幅を狭めてしまうマインドでもあります。

おそらく、

  • 似たようなものばかり買ってしまう
  • ファッション診断を受けたら、かえって同じようなファッションしかできなくなってしまった

こういう方は、「似合うファッション=正解」と考えていらっしゃる傾向にあるんじゃないかな、と思います。

「これは得意なタイプですか?」「これは着るとどういう印象を他人に与えますか?」という質問だったら、ファッションを自分らしく楽しめる第一歩になると思います。

着てはいけないファッションなどない

ファッションには、着ちゃいけないものなどありません。
ましてや、人に許可されて着るものでもありません。

ただし、苦手なファッションは存在します。

ただ、苦手だから着ちゃいけない訳ではなく、自分がどう損に見えるのか、その見え方を理解した上で工夫したり、そのまま損な見え方を逆手に取って、その見え方を堂々と打ち出して着てしまえばいいと思います。

例えば、雑誌でも今は多くのスタイリストさんやエディターさんが私服を公開されています。

皆さん、オシャレだなーと思ってご覧になると思いますが、似合うか似合わないかで言ったら似合っていないパターンも多いです。


でも、オシャレに見えるのは、「最先端なものを取り入れている」「絶妙なブランドを目利きしている」というブランディングができているからです。

そういう方は、似合う・似合わないを正解として考えている訳ではなく、オシャレの最先端にいたり、個性を際立たせることを正解としていらっしゃるのです。

そして、私も、日によっては、似合う・似合わないを正解としていないことがあります。

私の場合は、「派手派手しく見えてしまう」という苦手な特徴を逆手に取って、「ファッションで仕事している人」を見た目で体現するために着ているところがあります。

ショップに行っても、「ファッション関係のお仕事の方ですか?」とスタッフの方から声をかけてもらうこともありますし、仕事の話から、色々な情報を教えていただけることもあって、メリットにもなっているので、日頃は、派手に見えることを正解としています。

しかし、私が普通の会社員をしていたら、派手派手しく見えるメリットはあまりないので、今みたいなファッションはやらないと思います。

あとは、私は飽きっぽいので、いつもやらないことをたまにやりたくなります。

こういう日は完全に自己満足ですが、自己満足することがその日の正解です。

ファッションの正解は、自分で決める

このように、必ずしも、似合うことだけが正解ではありません。

「今日は色もデザインも完璧に似合うもので装うのが正解」「今日は好きなものを着るのが正解」「今日は最先端なおしゃれを楽しむのが正解」と、日によって正解が違っていいと思います。

つまり、オシャレの正解は、人それぞれ、自分で決めることだと思いますし、正解はひとつではありません。

そのためにも、自分の特徴と、ファッションのタイプによって他人にどう見られやすいかを正確に把握しておくことが大事ですね。

LINE公式でファッションやメイクのお役立ち情報やイベントのご案内をしています。
ぜひお友だち追加してください。
友だち追加

全てのレッスンはPayPalを使ってクレジットカード決済ができます。

パーソナルカラー、骨格診断、印象分析、似合うファッション、ファッションコーディネート、ヘアスタイルアドバイス、メイクレッスン、時短メイク、にご興味のある方から、港区、世田谷区、渋谷、杉並区、目黒区、新宿、練馬区、中野、板橋区、中央区、江戸川区、葛飾区、調布、小平、横浜、川崎、千葉市、習志野市、市川市、さいたま市、新座市、川越、浜松、三島市、名古屋、三重、北海道、札幌、大阪、神戸、京都、奈良、新潟、金沢、仙台、福島、群馬、高崎市、愛知県、広島、愛媛、高知、岡山、福岡、長崎、鹿児島、沖縄、香港、韓国、ロサンゼルス、ワシントン、ニューヨーク、海外などよりお越しいただいております。

この記事をシェアする
MIROIR