コーディネート骨格診断ワンランク上のコツファッション印象分析テーマ全般パーソナルカラーお客様の声

自分のファッションの特徴10個の作り方

前回の続きです。

前回の記事はこちら。

前回も触れましたが、コーディネートとは、
「自分が生まれ持った特徴から得意とするファッション」に、「自分の感情が喜ぶファッション」をプラスすることで、「自分らしいファッション」を仕上げていく作業です。

コーディネート上達のためには、色合わせだとか、腕まくりだとか、そういったところを強化することだと思われがちですが、それ以前に、いわゆる「自分のファッションの軸」をバシッと決めておくことが何より重要です。

コーディネートがうまくいかない方は、この「得意なファッション」と「好きなファッション」を同時にごちゃまぜで考えるからうまくいきません。

今、私のファッション診断を受けた方でtwitterアカウントをお持ちの方限定で、この「自分のファッションの特徴10個」を2019/12/25まで無料チェックしています。
(チェックをして欲しい方は、twitterのDMで本名を送ってください。今混み合ってるので返信は少しお時間いただいています。)

あるクライアント様のチェックの様子をご紹介します。
皆様の「自分のファッションの特徴10個」づくりのヒントになれば幸いです。

ちなみに・・・この作業は、あくまでもコーディネート上達のために自分の軸になる特徴をつかむものであって、自分の心のあり方や自分らしさって何だろう?という内面のワークとは別物です。

そこを混同してワークに取り組むと、なぜ好きなもの入れちゃいけないの?となるのでご注意ください。

実際のクライアント様のワークチェック

モードさん
モードさん

ワークはこっそりやってみていたのですが、大サービスで無料で見ていただけるとのこと!! お忙しい中恐縮ですが、ぜひお願いしたく、お送りします。

 

シャープ

ダーク

コントラスト

ややおおげさなワンポイント

エレガント

緊張感(ぴったりしたサイズ感や、フォーマルさ)

一点だけリラックス(とろみワイドパンツや袖口の広がりなど)

クラシカル

落ち着いた

 

よろしくお願いします。

正田
正田

ワークやっていただいてありがとうございます!
キーワード、なかなかよい感じです!
ただ、「エレガント」「クラシカル」は正確にいうとモードさんの特徴ではないので、ここは外してよいかもです。

「おおげさなワンポイント」も少しモノ自体の特徴にいきすぎていますかね。

あまりアイテムを制限するモノでなく、雰囲気を掴めるキーワードで覚えるのがオススメです。

まず、一番意識していただきたいのは「クール」「個性的」ですね。

そうなると「落ち着いた」は「個性的」と少し混乱しそうですね。
おそらくモードさんの意識としては「大人らしい」に近いのかなぁと思いますがいかがでしょう!?

他の候補としては「大胆」「迫力のある」などもモードさんのキーワードです!

モードさん
モードさん

早速の細やかな添削、ありがとうございます!!
たしかに、落ち着いた、というところまで行くと、モードタイプのクールさや個性的な感じが潰れてしまうかもしれないです。

書いていただいたように、大人らしい、は近いですが、もう自分が十分大人な年齢なので(笑)、洗練された、とか、品格がある、とかを目指したいです!

クラシカルとエレガントは、アンティーク調や、とろみ素材や長いパフスリーブが好き、などの自分の好みですね笑。

似合うというより、自分の好みとして、ひとさじ入れるとよい、というレベル感なのかも、と思いました。

おおげさなワンポイント、というアイテム寄りなキーワードより、大胆さなどの雰囲気を意識します。

ありがとうございました!またいつかレッスンもお願いします★

正田
正田

はい、是非お待ちしています!

クラシカルやエレガントはお好みなんですね。
仰るとおり、お好みでアレンジする部分は、「自分軸」=「鉄板に得意な特徴」ではなく、アレンジで加える部分ですね。

自分軸をもとに、お好きなものをエッセンスで加えていくと、(仕上がりの全体の雰囲気は自分軸のキーワードです!)自分らしいファッションができあがります!

モードさん
モードさん

嬉しいアドバイスとコメントをありがとうございます!

 

カッコいいのが似合うとは思うのですが、マニッシュなものや、カッコよすぎると落ち着かなくて、エレガントさやクラシカルな感じを入れたくなるので、軸の雰囲気が中心になるよう意識しつつ、取り入れられるようにしたいと思います!

 

ぜひまたブログでご紹介頂けたら嬉しいです(*^^*)

よろしくお願いします。


私がtwitterで、このワークをやってくださった方を拝見していると、

・「自分の得意な雰囲気」のキーワードではなく、「得意なアイテム」の記述になっている
・「得意なファッション」と「好きなファッション」がごちゃごちゃになっている

このパターンで躓いている方が多いな、と思いました。

そもそも、コーディネートが素敵に見えるのは、その人にバッチリ合っているからです。
着こなしの技術だけで似合わないものを着ていると、「ファッション好きな人」には見えても、「素敵」には見えません。

似合う、とは理論的になぜ似合うのかが説明できる状態であり、他人から見ても「ハマっている」状態です。

自分の得意なものからかけ離れていると、他人にものすごく違和感を与えてしまいます。

得意なものは、「自分のファッションの軸」です。
いつでもこの雰囲気で仕上げることを意識します。

そこに、「好きなもの」をエッセンスで加えていき、自分らしさを作っていきます。

このエッセンスを「自分のファッションの軸」に入れ込んでしまうと、どんどん自分の得意なものからかけ離れます。
やはり、得意でないものがメインの雰囲気にくると、どんなに頑張っても、どうしてもコーディネートは「すごく素敵」に見せることは難しいです。

今回のモードさんのファッションの組み立て方

このモードさんの場合、やはり自分の特徴に「エレガント」「クラシカル」を入れていると、メインにこの雰囲気をもってきてしまう可能性があります。

お好きなものでも、モードさんにとっては、こういうイメージはやはり違和感になって、素敵に見せることが難しいです。

https://ap-story.jp/jusglitty/より

あくまでも、軸は「クール」「個性的」「シャープ」な雰囲気です。

もちろん、このモードタイプの雰囲気だけでゴリゴリに作り上げても、似合って見えるのですが、こちらのモードさんは、「マニッシュなものや、カッコよすぎると落ち着かない」タイプです。

だからこそ、「クール」「個性的」「シャープ」だけではない、好きな「クラシカル」「エレガント」な雰囲気を加えていくことで、モードさんらしいファッションが出来上がります。

https://www.gracecontinental.com/editorials/diagram/1/より


ぜひ、皆様も「自分のファッションの特徴10個」を意識して、自分らしいエッセンスを加えていったファッションコーディネートを楽しんでくださいね!

LINE公式でファッションやメイクのお役立ち情報やイベントのご案内をしています。
ぜひお友だち追加してください。
友だち追加

全てのレッスンはPayPalを使ってクレジットカード決済ができます。

パーソナルカラー、骨格診断、印象分析、似合うファッション、ファッションコーディネート、ヘアスタイルアドバイス、メイクレッスン、時短メイク、にご興味のある方から、港区、世田谷区、渋谷、杉並区、目黒区、新宿、練馬区、中野、板橋区、中央区、江戸川区、葛飾区、調布、小平、横浜、川崎、千葉市、習志野市、市川市、さいたま市、新座市、川越、浜松、三島市、名古屋、三重、北海道、札幌、大阪、神戸、京都、奈良、新潟、金沢、仙台、福島、群馬、高崎市、愛知県、広島、愛媛、高知、岡山、福岡、長崎、鹿児島、沖縄、香港、韓国、ロサンゼルス、ワシントン、ニューヨーク、海外などよりお越しいただいております。

この記事をシェアする
MIROIR