コーディネート骨格診断印象分析テーマ全般変身事例

エレガントタイプのパンツスタイルで気をつけること

今回はエレガントタイプのパンツスタイルについて。
エレガントタイプは、女性らしく、フォーマル感が適度にある服装がお得意です。

そしてよくご相談されるのは、パンツスタイルがどうしてもカジュアルになりすぎてワンマイルウェアになってしまう、ということ。
こうなるのは、エレガントタイプの特徴を全て打ち消してしまうアイテムを選んでいたり、コーディネートをしてしまうことが原因です。

全体的に「キレイめ」「しっとりとした女性らしさをどこかに感じさせる」ことがポイントです。

こちらのクライアント様、Yさんの体型は、ビックシルエットがそんなに得意ではないので、トップスのデザインとしてはベストとは言えないのですが、このお店の中ではベターな部類です。
(Yさんには、本当はセットインスリーブかドルマンにしたい)

しっとりと重みのある光沢感のある生地は、エレガントタイプがお得意なものの一つです。
優しいピンクベージュのトップスと水色のパンツで柔らかい雰囲気に仕上げます。

本当は、白かシルバーに近いシャンパンゴールドの細いベルトがほしいところ。(このお店にはなかった)

エレガントタイプさんは、柄があった方が華やかなタイプで、両方無地は地味になりがちなので、バッグでアクセントを入れると良いですね。

黒いパンツと合わせてちょっと辛口に仕上げたい、というときは、このようなデザインのシャツもオススメです。

テロンとした生地、柄ともにエレガントタイプらしい要素があります。

ここでは黒のパンツがなくて、試着の便宜上黒と合わせたイメージとして、代わりにスカートで合わせていますが、上の水色のパンツのようなセンタープレスのキレイめのくるぶし丈の黒のパンツや細身ブラックデニムと合わせて着ると、辛口パンツコーデになります。

辛口にしなくてもよかったら、上の水色のパンツでもいいし、サーモンピンクのパンツとか、夏なら朱赤のパンツとか合わせてもいいと思います。

もちろんスカート合わせも!
ちょっと上の試着時のスカートだとあんまりパッとしたコーディネートにはならないので、Yさんにはあまり広がり過ぎなくてもう少し裾に透け感があるこういうスカートと合わせたいかな〜。

他のトップスとしては、

袖に女性らしいポイントがある、このようなニットも、シンプルなパンツに合わせていただく時に使えると思います。

色自体も落ち着いているので、コーディネート自体はシンプルにできて、でも、エレガントタイプらしさが出せます。

また、こういう肩にデザインがあるニットは、二の腕が気になる方にいいですよ。
肩のボリュームとの対比で腕が細く見えます。
ただし、肩幅が広くない方、アンダーバストと比較して肩幅の差が大きくない方に限りますが・・・。

私もアンダーバストとの差が大きいタイプなので、こういうデザインは肩が余計にガッチリ見えます。
そういう方は、フレアスリーブが二の腕カバーにはオススメです!

ぜひ、お好きなファッション、やりたいファッションは諦めずに、工夫してどんどん楽しんでくださいね!

LINE公式でファッションやメイクのお役立ち情報やイベントのご案内をしています。
ぜひお友だち追加してください。
友だち追加

全てのレッスンはPayPalを使ってクレジットカード決済ができます。

パーソナルカラー、骨格診断、印象分析、似合うファッション、ファッションコーディネート、ヘアスタイルアドバイス、メイクレッスン、時短メイク、にご興味のある方から、港区、世田谷区、渋谷、杉並区、目黒区、新宿、練馬区、中野、板橋区、中央区、江戸川区、葛飾区、調布、小平、横浜、川崎、千葉市、習志野市、市川市、さいたま市、新座市、川越、浜松、三島市、名古屋、三重、北海道、札幌、大阪、神戸、京都、奈良、新潟、金沢、仙台、福島、群馬、高崎市、愛知県、広島、愛媛、高知、岡山、福岡、長崎、鹿児島、沖縄、香港、韓国、ロサンゼルス、ワシントン、ニューヨーク、海外などよりお越しいただいております。

この記事をシェアする
MIROIR