テーマ全般

冷たそうじゃないクールビューティーメイク

Fさん(28歳・技術職)の事例です。

Fさんは、自分が思い込んでいたイエローベースではなく、真逆のブルーベースだったことが一番大きいかもしれません。

濁りのないすっきりとしたパステルカラーがとてもお得意です。

Fさんは印象タイプコンサバティブタイプ。
これまでのファッションも、方向性は合っていたのですが、プライベートではなんだか地味じゃないかなぁと思われていたのは、色が原因だったと思います。

メイクもお得意な色を使って仕上げると、雰囲気がガラリと変わりましたね。

透明感のある美人さんです。

Fさんのメイクのポイントのひとつは眉です。
今までの眉は、自眉のとおりに書いてしまうと、下がり眉で困ったちゃんのように見えてしまいます。
眉を上げることで、意志のあるお顔に。

そして、もうひとつのポイントは一重まぶたのアイメイクです。

一重まぶたさんには、いろんなパターンの方がいらっしゃるので、やはり自分のまぶたに合った方法を採用すべきです。

雑誌などのメディアで紹介されているひとつの方法(例えば締め色を幅広く塗るなど)を「正解」だと思って鵜呑みにしてしまうと余計に変になることも多いです。
これは一重まぶたメイク以外にも言えることですが・・・。

Fさんの場合、締め色を幅広く塗るのはNGなタイプで、むしろ締め色はないくらいでも、爽やかで明るいお顔立ちが引き立ちます。

ビフォーのメイクはイエローベース系のベージュ系シャドウで、締め色も広めに塗られていましたが、締め色が広く出ると目元が沈みやすいですし、目の形状的にも、パンダ目になるリスクが増えます。

一重まぶたや奥二重さんは、目を開けたときに、二重になる部分が内側に入り込んでしまうために、摩擦がおきます。
この摩擦が、パンダ目を引き起こします。
眼球が出ているタイプは、逆に締め色つけても摩擦がおきないので大丈夫です。

ほんと、目の形状は人それぞれなのでよく見極めましょう。

アフターのメイクはほとんど締め色は使っていませんが、それでもこちらの方が目が大きく見えますよね。
目を大きく見せるのは、何も締め色だけではないんですよね〜。

今回は、まつげの生え際をしっかり埋めたアイラインとまつげをカールさせて目を大きく見せています。

あとはお肌の色に合った青みを含んだピンクのチークとリップを使うことでより透明感のあるお顔立ちになります。

クールビューティーだけど冷たそうじゃない、華やかで、かわいくて、上品で、まさにFさんそのものの魅力がとても引き立っていると思います。

これから、Fさんにしかできない、冷たくない上品なクールビューティ、ぜひ極めてください!

LINE公式でファッションやメイクのお役立ち情報やイベントのご案内をしています。
ぜひお友だち追加してください。
友だち追加

全てのレッスンはPayPalを使ってクレジットカード決済ができます。

パーソナルカラー、骨格診断、印象分析、似合うファッション、ファッションコーディネート、ヘアスタイルアドバイス、メイクレッスン、時短メイク、にご興味のある方から、港区、世田谷区、渋谷、杉並区、目黒区、新宿、練馬区、中野、板橋区、中央区、江戸川区、葛飾区、調布、小平、横浜、川崎、千葉市、習志野市、市川市、さいたま市、新座市、川越、浜松、三島市、名古屋、三重、北海道、札幌、大阪、神戸、京都、奈良、新潟、金沢、仙台、福島、群馬、高崎市、愛知県、広島、愛媛、高知、岡山、福岡、長崎、鹿児島、沖縄、香港、韓国、ロサンゼルス、ワシントン、ニューヨーク、海外などよりお越しいただいております。

この記事をシェアする
MIROIR