ヘアスタイルにお悩みの方も多いですね。

美容師さんとのコミュニケーション不足が原因になっている方も
少なくないように思います。
素敵なヘアスタイルを作れるかどうかは、
美容院との付き合い方で決まると言っても過言ではありません。

素敵な髪型になれる秘訣がこちらです。

髪型に合わせたいファッションで行く

美容師さんは、お客様のファッションを見て、
その方のライフスタイルを想像し、
そのファッションに合う髪型を作っていることも多いです。

できるだけ、合わせたいファッションやメイクで行きましょう。

フェミニンなファッションに合わせたいのに、
ご近所だからと、超カジュアルな服装で行ったり、
普段カジュアルな服装が多いのに、
頑張りすぎてきちんとしたワンピースにバッチリメイクなどで行くと
思い通りの髪型に仕上がらない可能性が高いです。

特に、ファッション診断を受けて、
新しいイメージに変えたい方は、今までのファッションではなく、
きちんとファッションやメイクを変えて行きましょう。

細かく切り方や色を指定しない

最近は、雑誌の髪型特集なんかで、ここからレイヤーを入れて、
カラー剤は何番と何番を混ぜたものを使用して・・・と
細かく解説されていることがあり、
この通りにやって欲しいとオーダーされる方も多いそうですが、
雑誌で紹介されている人と自分の髪質や顔型が違えば
同じ方法でやっても同じ仕上がりになりません。

美容師さんは髪のプロです。
私たちよりずっと知識があります。

こういう雰囲気にしたい、というイメージを伝えたら、
その髪型を作る方法は、美容師さんにお任せしましょう。

なりたくないイメージ、やりたくないことを明確に伝える

「肩のライン以上は切りたくない」「結べない長さは困る」
「エラを目立たせたくない」
「髪の色が明るすぎると仕事上困る」「クールすぎる雰囲気は嫌だ」など、
嫌なことを明確にする程、がっかりの仕上がりは避けられます。

美容師さんの雑談は最初ほど大切にする

美容院の会話が苦手な方も多く、
話しかけてほしくないと思っている方も多いですね。

しかし、美容師さんは、この雑談から、
お客様のライフスタイルや好みを把握しようとしていることも多いのです。

特に付き合いが短い美容師さんには、
自分を知ってもらうためにも、雑談は大事です。
自分のことを知ってもらえばもらう程、
素敵な髪型を作ってもらいやすくなります。

仕上げの工程はじっくり見て質問する

ドライヤーでの乾かし方、スタイリング剤の使い方、
最終的な仕上げ方などは、
自分でも日頃やるべきことです。
仕上げの工程は、何一つ見逃せません。
しかし、私が美容院に行って周りを見ても、
この時も雑誌を読んで下を向いている人がとても多いです。

ここを見ていなければ、
普段上手くヘアスタイルを作れなくて当然です。

私は、なぜドライヤーをその角度で当てるのか、
コテを使う場合、どのくらい毛束をとって、どちら巻にするのか、
スタイリング剤は何を使っているのかなど、
細かく質問しながら、仕上げの方法を聞いています。

素敵な髪型は、緻密な仕上げによって作られています。
(無造作ヘアーでも、計算された無造作だから素敵なのです。)

スタイリング剤もお勧めのものを聞いて、
そこに売っていたら買っていきます。

いかに同じようにできるかが、毎日素敵な髪型でいられるコツです。

そして、次も大事!

次に行った時に、前回からの期間で困ったことを伝える

初めての美容院で、思い通りになることは少ないと思います。
髪質などによる経時変化は、時間が経たないと分からないこともあります。

次に美容院に行ったら、
「2週間経ったくらいから色が抜けて黄色くなってきた」
「最近、裾のボリュームが出すぎて髪が巻きにくいと感じる」
「髪が伸びてきてハチのボリュームが気になる」
など、前回からの期間で困ったことを伝えましょう。
そこを考慮して、また美容師さんは髪型を調整してくれます。

私も、ヘアカラーは抜けやすく、
何度も何度も美容師さんと試行錯誤しながら、
今の色が抜けないカラーを作り上げてきました。


ここまでやったのに、思い通りの髪型にならない場合は・・・
美容師さんとの相性が良くないのかもしれません。
人と人なので、合う合わないは必ずあります。
そういう場合は、違う美容師さんを探しましょう!

投稿者プロフィール

正田美鈴
正田美鈴イメージコンサルタント
「ファッションとは自分をブランディングするツールである」ことを信念として、顧客の個性を美しく引き出すアドバイスを行っている。