クライアント様データ

Sさま(49歳・アルバイト)
印象タイプ:コンサバティブ
カラータイプ:ほどよい黄み/中彩度/薄い〜濃いまで
体型データ:肋骨に厚み/ウエストが一番くびれているカーヴィーなタイプ

今回はメイクのリピートレッスンにお越し下さった時のことをご紹介したいと思います。

メイクのビフォー・アフター

左側は、トータル美人変身コースを受けて4ヶ月後、
ご自身でメイクしてサロンにお越しになった時のSさんです。
そして右側は、メイクのリピートレッスンで修正点を踏まえ、全てご自身でメイクされた状態です。
リピートレッスンなので、コスメはお手持ちのものを使って頂いています。
同じコスメを使っていても、わずか2時間で全く雰囲気が変わりましたよね。

メイクの解説

お肌が真っ白でモチ肌でもともと美しいSさんですが、
それでもファンデーションが薄いと、
コンサバティブタイプさんにしてはカジュアルすぎる仕上がりです。

そして、眉は形の作り方はすごくよいのですが、
一生懸命に描きすぎて太くなってしまいました。
これも、メイクのあるあるです。
形を意識しすぎると、ついつい力が入ってしまうのです。

眉が太いと、男性的な印象が強くなるので、全体を女性らしい雰囲気に寄せたい方は、
あまり太くしすぎないようにしましょう。
眉が太いと、目元もキツく見えがちです。
ビフォー・アフターを比較すると、アフターの目元の方が優しく見えますね。

どうしても最初はがんばってしまい、筆圧が強くなる方も多いです。
そういう方は、あえて色がつきにくい一番薄い色のアイブロウを使うのも良いかもしれません。

また、Sさんのビフォーのメイクは、全体的に色が薄いです。
大人のメイクは色が薄すぎると、血色感が足りず、イキイキとした元気さが出にくいです。
大人世代の多くの方は、メイクが濃く見えるのではないか、と心配されて、
色を出すことを苦手とされています。
しかし、色が濃く見えるのは、大抵、似合わない色を使っているからです。
似合う色を使っていれば、悪目立ちすることはありません。

Sさんからのご感想

コンサバティブタイプの基本キーワード、
「女性らしさ」「上品さ」と、「色を出すこと」を心掛けながら、メイクするようにします。

リピートレッスンは、受講して本当に良かったです。
コツも教えていただけるし、理解も深まりました。
受けずにいたら、ほぼ自己流のままでしたからΣ(゚ロ゚;)
皆さん、絶対受けた方が良いと思います。1回だけでは勿体ない!


メイクは、正直、1回でパーフェクトにできる方はいないです。
1回目のレッスンで、コツはたくさん掴めても、細かい部分で必ず修正点が出てきます。
でも、それが普通です。
これまでやったことがないことは、誰しも1回で完全にできることはありません。
繰り返しでしか、上達の道はないのです。

特にMIROIRのメイクは、錯覚効果を狙って緻密な計算でメイクするので、
ただ感覚でメイクすればいいのではなく、常に頭で計算の意味を理解しておく必要があります。

単にメイクの技術だけでなく、どこを操作したらどう見えるか、という計算の意識も必要なんです。
ここを完全にリンクさせるには、最低1回はリピートレッスンしたいところですね。

私はいつも、
「人は忘れる生き物なので、忘れることは何の問題もない。問題なのは、分からないまま放置すること。」
と申し上げております。
せっかく美しくなるコツを聞いても、それが自己流に戻って、
正しい方法を忘れていくことほど、もったいないことはないと思います。

Sさんは、いつも優しいお気遣があり、上品な立ち居振る舞いでとても素敵な方です。
そんなSさんの品格を外見でもどんどん表現していきたいですね!
ぜひこれからも楽しみながら、美しさに磨きをかけていただけたらと思います。

投稿者プロフィール

正田美鈴
正田美鈴イメージコンサルタント
「ファッションとは自分をブランディングするツールである」ことを信念として、顧客の個性を美しく引き出すアドバイスを行っている。