クライアント様データ

Aさん(40代後半・会社員)
パーソナルカラー:青みが強い/鮮やか〜少し落ち着きがある/どの濃さもOK
体型データ:骨っぽくしっかりめ/小柄/ウエスト短い
印象分析:アヴァンギャルドタイプ

お申込みコース:自分ブランド確立コース
Aさんは、以前、パーソナルカラー診断、骨格診断、顔タイプ診断を受けられたものの、
余計に洋服選びが難しくなって、セカンドオピニオン的にMIROIRサロンにお越しくださいました。

他所で出された過去のAさんの診断結果

Aさんが過去に受けた診断結果は、オータム・ストレートだったそうです。
パーソナルカラーも、骨格診断も、MIROIRのメソッドと比べると、真逆の結果でした。

また、最近は、顔分析というものも流行っていますね。
Aさんはキュートフレッシュだったそうですが、
そもそも、顔の印象と体型の印象がバラバラの場合、
自分で、どういうファッションにしたらよいのか落とし所を見つけられればよいですが、
そうではない人は余計に混乱するのではないかな、と思います。

私は、顔の印象・体型から受ける印象・性格から受ける印象を全て考慮しないと、その人らしさは見つからないと思っています。
これがバラバラでは、全体的にちぐはぐになり、魅力が出にくいと思います。

ビフォー・アフター解説

Aさんは、すごく勤勉な方で、教えられたことは全て正確に理解しようとされる方です。
それが故に、過去の「オータムでストレート」という意識は相当深く根付いており、
その真逆のブルーベースで、しかも派手なくらいがちょうどよいアヴァンギャルドタイプに舵を切るのは大変でした。
ついつい、過去の方に引っ張られていくのですよね。

こういう方は、長期目線で、華やかな本来の自分に見慣れたり、周りから褒められることによって、
「やっぱり私ってこっちが似合うよね」と体感していくことが、結局近道になると思います。
ここで無理に、大きい変化を押し付けてしまうと、怖くなって変化を受け付けなくなります。

MIROIRには色々なアヴァンギャルドタイプがいらっしゃいますが、
Aさんは、「私に勧められるお洋服は他の方より、華やかさが抑えめですね」とおっしゃっていました。

MIROIRでは、同じタイプだからといって、同じ洋服を勧めることは絶対にありません。
個性も性格も違うのだから、着るべき洋服は違うに決まっています。

Aさんの心のキャパを見ながら、その時受け入れられそうなものを少しずつ試していきました。

その結果、最後は、
「華やかじゃないと物足りないと思うようになった、派手なものを着た自分に見慣れてきた」とおっしゃっていました。
大成功です!


分かりやすく全体を似合う色でまとめたものです。
もう少し鮮やかな色がAさんにとってのベストですが、秋冬はこのくらいのトーンでも素敵ですね。
パッと見でも、アフターの色をまとったAさんの方が、都会的な雰囲気に見えませんか?
これは色の効果が大きいです。
なお、アヴァンギャルドタイプは柄は丸っこい甘いものよりも、シャープで直線的な幾何学模様のようなものが得意です。
スカートの柄も得意な直線型にしています。
また、アヴァンギャルドタイプは「ごく普通」の雰囲気が一番苦手です。
ですから、ただニットとスカートを着るだけではなく、アクセサリー、しかも大ぶりでポイントになるものは必須です。
個人的には、Aさんがもっと慣れてきたら、靴はもう少し遊びたいですね。


次はメイクです。
こちらも、本当はもっともっと華やかなメイクでもお似合いになりますが、
まずはAさんが受け止められるキャパで少しずつ慣れることが大切です。
ビフォーはオータムカラーでメイクされていますが、顔色(目の周りが特に)が落ちてしまっています。
チークのオレンジも肌の色から浮いていて馴染んでいません。
アフターのチークは、ご自身の血色のように馴染んでいますし、目もとが明るくなった分、目が大きく見えます。
お顔全体の印象も、爽やかに柔らかくなっていると思います。
本当はもっと濃い色のリップもお似合いになるのですが、真逆の色でドキドキのAさんには、薄い色から少しずつ慣れていただいています。

あとは、顔型に合わせて、求心顔に見せない技やお顔の横幅を狭く見せる技を仕込んでおります。
これも顔立ちを正確に分析して、その分析に合わせたメイクをしているからこそできる錯覚効果です。
アフターのお写真をご覧になって、「若返った!」と喜んでくださっていました。
顔色って本当に大事です。

Aさんがご自身で選ばれた私服の変化

自分ブランド確立コース3回目の段階


似合うものを意識して選ばれたトップス、とってもよくお似合いです!
青紫のスカートとの組み合わせも最高です。
あとは、バッグのトーンを合わせること、靴をもう少しシャープな印象のものにすることで、
よりアヴァンギャルドタイプらしさが光ってくると思います。
このとき、お友達に「実はずっとこういう方が似合うと思ってた!似合ってる!」と言われたそうです。

自分ブランド確立コース最後の段階


真っ赤なスカートに、印象的なカーディガン。
そしてガンメタ色のショートブーツ!
欲を言えば、カーディガンの柄がもっとシャープだと、さらにAさんの良さが引き立ちますが、
この甘さを中和する辛口ブーツがいい仕事しています!
このコーディネートを見て、Aさんの中に、完全にアヴァンギャルドタイプが根付いたな、と思いました。

自分ブランド確立コースを終えてのAさんからのご感想

美鈴さんのお陰で、人生が変わったと言ってもいいくらい、劇的な変化となりました。
本当にありがとうござました(*^^*)

外見から内面への変化も起こり、色々チャレンジしたいことが出てきました。
若い時よりも今の方が自分の可能性に期待しているかもしれません。

さらに刺激を受けてレベルアップしたいと思っていますので、よろしくお願いします!


今、世の中には、多くのパーソナルカラー診断や骨格診断に溢れています。
そもそも、使っているメソッドが違い、診断のものさしが違っている以上、診断が合っている、合っていないという議論はできません。
しかし、Aさんにとって、他人に褒められ、人生の変化ができるような結果になっていたのが
MIROIRの診断だったことが大変うれしく思います。

このお仕事をしていて、クライアント様の変化を目の当たりにしていると、
本当に、外見と内面はリンクしていると実感します。
外見が変わった方は、内面にも大きな変化が訪れています。

コンスタントにファッションに向き合っている方は、
もはや外見だけの力でなく、内面からくる輝きがプラスされるので、
私が想定しているよりも、はるかに超えたレベルの魅力がどんどん開花されています。

それにしても、「若い時よりも今の方が自分の可能性に期待している」って素敵な言葉ですね!
私も常にそうありたいです。

それでもAさんはまだ、アヴァンギャルドタイプにようやく慣れた状態でこの変化です。
もっとアヴァンギャルドタイプらしくなると、どうなってしまうのでしょう!?
ぜひ、もっと弾けていただいて、人生をとことん楽しんでいただきたいな、と思っています!

投稿者プロフィール

正田美鈴
正田美鈴イメージコンサルタント
「ファッションとは自分をブランディングするツールである」ことを信念として、顧客の個性を美しく引き出すアドバイスを行っている。