洋服はたくさんあるのに着ていくものがない!!
と思ったことが皆さま一度はありますよね?

私は元々普通の会社員をしていましたが、その頃はいつもそうでした。

毎朝毎朝、出勤前にあーでもないこーでもないと鏡の前で迷っていました。

お店ができるくらにお洋服の数はたくさんあるのに、です。

この時間、本当にもったいないですよね。忙しい朝に、こういう無駄な時間はカットしたいところ。

woman

選択肢があればある程、人は迷ってしまうものです。

そして、組み合わせが無限にできる中で、
上手い組み合わせもイマイチな組み合わせもごちゃまぜになるから余計にわからなくなるのです。

そして、「あ~あのアイテムがあればいいコーディネートできるのに!」とまた洋服を増やすハメになります。

つまり、色やテイストにまとまりのない状態で量だけ増やしているから、「着るものがなくなる」のです。

これが、自分のファッションタイプを知っていると、少ない洋服でもまとまり感が出て組み合わせがラクにできます。

手持ちのもののどれを合わせてもしっくりくるし、
どれを着てもいつでもスタイルよく装えます。

毎朝の「着ていく服がない!」のイライラから開放されたい方こそ、
自分のファッションタイプを知っておくことはとても大切です。

投稿者プロフィール

正田美鈴
正田美鈴イメージコンサルタント
「ファッションとは自分をブランディングするツールである」ことを信念として、顧客の個性を美しく引き出すアドバイスを行っている。