だんだん、パーソナルカラーや骨格診断がポピュラーになり、
インターネット上で簡易診断できるものもあります。

私もアメブロの方に、それぞれのタイプの特徴を解説しているので、
自分のタイプは何かな~と思いながら見てくださっている方も多いようです。

しかし、ほとんどの方の自己診断は間違っていると断言できます。

なぜなら、自分を客観的に分析するのは、簡単なようでかなり難しいからです。

「こうだったらいいな」という好み、「私はここがコンプレックス」という思い込み、
そういうもの全てに影響されて、主観的な判断しかできません。

また、友達を客観的に見るのもまた、難しいです。
その人がいつも着ているイメージで似合う、と判断してしまったり、
キャラクターを知りすぎているあまりに、キャラクターに合うという目線で見てしまいます。
また、「こういうファッションが好きなんだろうな」という思いを知りすぎているあまりに、
それを似合うと言ってあげたくなってしまいます。
プロでも、友達を診断するのが一番難しいと言われています。

そしてまた、パターンにきっちり当てはまる典型タイプばかりでないのが、診断の難しさでもあります。

人間、全く同じ人はいません。
同じタイプであっても、きっちり全員同じ体型や特徴を持っている訳ではありませんよね。
プロは色々な判断要素を組み合わせたり、蓄積された頭の中のデータベースをもとに判断しています。
color02
だからお金を頂いて仕事になるのです。
私は、プロとして、緻密に診断をしています。

自己診断で間違った思い込みは、これから全てのファッションを間違えてしまい、無駄になることもあります。
実際に、クライアント様でも、間違った思い込みで何年も過ごされている方もいらっしゃいました。
そういう遠回りをしないためにも、プロにきちんと診断してもらうことをお勧めいたします。

投稿者プロフィール

正田美鈴
正田美鈴イメージコンサルタント
「ファッションとは自分をブランディングするツールである」ことを信念として、顧客の個性を美しく引き出すアドバイスを行っている。