こんにちは。美人の才能を引き出すプロフェッショナルサロンMIROIR(ミロワー)の正田美鈴です。

さて、パーソナルカラー診断を受けた方にありがちなお悩みについて。

1 いつも同じような色ばかり着てしまい、かえって着られる洋服の幅が狭まった
2 無難な色の組み合わせしかできないので、オシャレに見えない
3 そもそも何色と何色を合わせたらいいのかがわからない

そもそも、パーソナルカラー診断は、オシャレの幅を狭めるものではありません。

いつも同じような色になってしまうのは、「自分に最高に似合う色」だけを探すからです。
色は無限にありますので、どちらかというと、
「絶対に似合わない色」だけを意識して、幅広い色を使いこなすことが大切です。

そして、次は、色の使い方(配色コーディネート)についてです。

相性がいい色というものには、理由があります。

MunsellColorCircle
Wikipedia”色相環”より

まず、色は、
【色の濃さ、色の鮮やかさ、青みor黄み】によって、グループを作ることができます。
この3つの条件が全部バラバラだと、配色にまとまりがなくなります。

色の鮮やかさと、青みor黄みを揃えれば、色同士もまとまりがあって見えます。

そこから、さらに上の図で見ると、隣り合うグループはまとまりのある相性のいい組み合わせとなり、
反対側の色だと、引き立たせる役割を持ちます。

まずはお花の色にある色の組み合わせなど、身近なところからヒントを得てみましょう。

「無難に白や黒を合わせる」ことを卒業し、
色と色同士でコーディネートをやってみることで、オシャレ度がアップします!

投稿者プロフィール

正田美鈴
正田美鈴イメージコンサルタント
「ファッションとは自分をブランディングするツールである」ことを信念として、顧客の個性を美しく引き出すアドバイスを行っている。